HOME > 自然再生士資格制度 > 自然再生技術研修会

自然再生技術講習会

ハッチョウトンボ技術研修会とは、自然再生士の資格取得者を対象に、自然再生、環境保全、生物多様性に関連する知識、能力、技術力の向上を目的として、実践的なカリキュラムで行う研修会のことです。

 

自然環境の保全・育成に興味のある方や、生物多様性活動に携わる一般の方の参加も歓迎します。

 

平成28年度「自然再生技術研修会」を平成29年1月21日(土)に昭和記念公園花みどり文化センターで実施します。

 

・受講対象者:自然再生士資格取得者とそれ以外の方

・座学と現地見学・観察会を中心として実施

 

 

平成28年度自然再生技術研修会開催について

自然再生士登録更新対象講座

自然再生士第1期(平成23年度取得者)から第3期(平成25年度取得者)の方につきましては、本研修会を受講することにより、更新登録に必要な要件を満たし、修了証の添付で登録更新が可能となります。

※平成26年・27年度取得者の方は、登録更新要件とはなりませんのでご理解ください。

 

更新時期以外の自然再生士・一般の方も参加できます

一般の自然再生に興味のある方、自然再生士資格取得を目指す方も参加いただけます。

※申込多数の場合は、自然再生士資格保有の方の申込を優先させていただくことをご理解ください。

 

技術研修会の活用

  • 自然再生士は、研修会等を経ずに試験のみで資格認定、登録を行っています。
  • 本研修会は、異なる期との連携や交流のほか、情報交換の場として積極的に活用いただくことも目的の一つとしています。

 

実施要領
日 程 平成29年1月21日(土)9:30〜16:30(予定:日没の状況により判断)
場 所 ・国営昭和記念公園 花みどり文化センター講義室( JR立川駅北口から徒歩10分
 程度) → アクセスはこちら(昭和記念公園ウェブサイト)
※会場(施設内)には9:30にならないと入館できません(早い時間にお越しになられても、屋外でお待ちいただくことになります)
・立川公園根川緑道
研修会の特徴 自然再生の現状と課題について亀山章先生の講義と立川市立川公園根川緑道の多自然型河川工法について計画・設計を担当された株式会社愛植物設計事務所会長山本紀久様をお迎えして概要説明後、午後に観察会を予定しています
※講義は椅子席方式です。クリップボード等を持参ください
定 員 70名程度(定員になり次第締め切ります)
受付締切 平成29年1月15日(日)
受付方法 申込書をE-mail または FAXでお送りください
E-mail:saisei●jpgreen.or.jp(●を@に置き換えてください)
FAX:03-3582-7714
・件名には「自然再生技術研修会申込み」と記載してください
申込書 PDFアイコン 205KB ワードアイコン 59KB
受付の確認 受付完了のお知らせをメールまたはFAXにて返信します
受付完了の
お知らせ
12月中旬より順次受付完了のお知らせをお送りしますので、到着後、受講料をお振込みください(請求書が届き次第、指定の口座へ受講料をお振り込みください)
受講料 10,000円(宿泊料、交通費は含みません)

〈印刷用〉ご案内と申込書のPDF

 

  • 振込先
  • ≪銀 行≫

    振込銀行名 三菱東京UFJ銀行
    東京公務部(300)
    預金の種別 普通預金
    口座名 ザイ)ニホンリヨツカセンター
    一般財団法人日本緑化センター
    口座番号 0000393

    ≪郵便振替≫

    口座名称 一般財団法人
    日本緑化センター
    技術研修会受講料
    口座番号 00140-6-250144

 

カリキュラム

9:30 受付
9:35 開会と研修会の説明
9:40〜11:20 自然再生の動向と今日的課題
−自然再生に係る社会的動向や望ましい自然再生の展開すべき方向について−
亀山 章 氏(東京農工大学名誉教授)
11:30〜12:15 自然再生事例の紹介 −立川公園根川緑道・多自然型河川のよる再生の概要説明−
山本紀久 氏(株式会社愛植物設計事務所会長)
12:30〜13:30 昼休み
13:30 立川駅南口集合
13:30〜14:00 根川緑道への移動(徒歩)・立川段丘の成立ちと植生等の観察(山本氏)
14:00〜16:30 立川公園根川緑道の現地観察会(山本氏)

注1.本研修会は、造園CPD、樹木医CPD認定プログラムとなります(予定)。
注2.担当講師・カリキュラムの内容は変更になる場合があります。

このページのトップへ