HOME > 樹木医制度 > 研修・資格審査及び審査結果の通知・樹木医登録証の交付

樹木医制度

研修・資格審査 及び 審査結果の通知・樹木医登録証の交付

研修

試験の合格者は、次に示す日程で研修を受講していただきます。

詳細につきましては、試験の合格者に書面で通知します。

なお、試験合格者は、特別な事情(病気、不慮の事故、親族の不幸等)を除き、研修の受講を次年度に持ち越すことはできませんので、研修日程の確認と業務日程調整を十分に行ってください。

 

1.期間

 第1期、第2期のどちらかを受講していただきます。

 

第1期 平成30年10月1日(月)〜10月13日(土)
・集合日時 平成30年10月1日(月)9時00分
第2期 平成30年10月15日(月)〜10月27日(土)
・集合日時 平成30年10月15日(月)9時00分

 

2.研修場所

(一財)筑波学都資金財団 筑波研修センター ※当財団とは別組織です

〒305-0005 茨城県つくば市天久保1−13−5 TEL:029−851−5152

※実習では近隣の大学、研究施設ならびに国立科学博物館筑波実験植物園等を利用します。

 

3.研修費用

研修受講料は、90,000円(税込)です。この他、往復の交通費、宿泊費等が必要となります。
また、テキストとして『最新・樹木医の手引き 改訂4版』(2014年6月発行)を使用します。お持ちでない方は、その代金(8,500円+税)が必要となります。

なお、納入された研修受講料は原則返還いたしません。

 

4.宿泊場所

研修会場(筑波研修センター)に宿泊することができますが、それ以外の場所に宿泊されても結構です。

詳細は、試験合格後に通知される書類をご確認ください。

(一財)筑波学都資金財団 筑波研修センター ※当財団とは全く別組織です

〒305-0005 茨城県つくば市天久保1-13-5 電話 029-851-5152
宿泊費は1人1泊素泊まり3,700円、全室禁煙、朝食500円、昼食・夕食750〜1,000円前後

 

5.参加不可の記入

※該当者のみ。どちらでも受講可能な場合は記入しないでください。

試験申込時点で、研修期間で受講ができない期間が確定している場合は、様式第1号の参加不可欄に必ず「×印」を付けてください。原則として、未記入の場合は「どちらでも受講が可能」と判断し、試験合格者の研修期間(1期・2期)の決定(振り分け)を行います。

ただし、偏りが発生した場合は、応募者(選抜試験合格者)本人に連絡したうえで、日程調整させていただく場合があります。

 

6.研修科目

研修科目は下表のとおりです(一部変更することがあります)。

  科   目 内  容
1 樹木の分類 講義
2 樹木の生理 講義
3 樹木・樹林の生態 講義
4 樹木の構造と機能 講義 
5 樹木保護に関する制度 講義
6 土壌の診断 講義と実習
7 病害の診断と防除 講義と実習
8 虫害の診断と防除 講義と実習
9 腐朽病害の診断と対策 講義と実習
10 大気汚染害の診断と対策 講義
11 気象害の診断と対策 講義
12 後継樹木の育成と遺伝子保存 講義
13 幹の外科技術と機器による診断 講義と実習
14 樹木の移植法 講義
15 植栽基盤の調査・判定と土壌改良 講義と実習
16 総合診断(診断に必要な知識と実践) 講義と実習

 

7.研修期間中に実施する筆記試験等

 

(1)筆記試験

研修期間中に研修科目16科目について筆記試験を行います

・研修受講者が樹木医として必要な高度の専門的知識及び技術を習得したか否かを判定します。

・筆記試験は、原則、講義・実習の翌日の講義開始前、8時より実施します。

・その他、16科目の筆記試験とは別に、樹種の識別に関する適性試験を1回実施します。

 

(2)面接試験

研修の最終日に、研修受講者全員を対象に面接試験を行います

・樹木医としての適性等を判定します。

 

8.不正行為

筆記試験において、不正手段を用いて試験を受けた者は、即刻退室ならびに事実関係を確認後、樹木医研修から退去を命じます。

その後、樹木医研修受講者選抜試験(1次審査)の受験を2年間受けることができません。

 

 

9.資格審査及び審査結果の通知
  • 樹木医制度審議会において、筆記試験、適性試験と面接試験の結果を総合的に評価し、合格者を決定します。最終的な合否結果は、平成30年11月中旬頃、研修受講者全員に書面で通知します。

 

10.樹木医認定証の交付
  • 合格者には、樹木医登録申請に基づき樹木医認定証を交付します。
  • 登録手続き等については、合格通知を送付する際に書面にて詳細をご案内します。

このページのトップへ