HOME > 樹木医制度 > よくある質問 > 5.樹木医を取得した後について

樹木医制度

よくある質問(Q&A)

よくある質問とそれに対する回答をまとめました。参考にしてください。

 

5.樹木医資格を取得した後について

 

質問 樹木医を取得すると、資格だけで十分な収入は得られますか?
答え

一般的には、会社組織等に属し、業務を実施する上でその資格を活かして活動されている方がほとんどです。それは、樹木の診断業務等の発注が造園工事等と比較するとまだまだ少ないことや、樹木の診断にかかる費用等も一般的な理解を得られていないことが挙げられます。
ただし、どんな資格にも共通することですが、資格を十分に役立てられるかどうかは、その方の知識や技術はもちろんのこと、人脈や営業戦略など様々な能力が求められますので、並大抵の努力では(相当の努力なくして)、高収入を期待するのは難しいかもしれません。

質問 樹木医を取得すると、仕事は斡旋してもらえますか?
答え

当センターは樹木医の認定機関ですので、樹木医を対象とした業務の斡旋等は行っておりません。ただし、当センターでは、毎年3月に樹木医登録者名簿を作成し、林野庁、森林管理局、都道府県、都道府県緑化センター、緑化関係団体等に配付し、業務発注の際にご活用いただくよう依頼をしております。
また、樹木医資格の取得後に(一社)日本樹木医会の会員になりますと、樹木医会を通して、個人あるいは樹木医会支部等に業務が依頼されるケースはあります。

質問 樹木医は、技術者別直接人件費等の日額単価(報酬)等が設定されていますか?
答え

樹木医報酬につきましては、「独占禁止法」に抵触する都合上、報酬料は定められておりません。

このページのトップへ