HOME > 緑化樹木供給・技術情報 > 在庫情報

緑化樹木供給・技術情報

在庫情報 令和3(2021)年度

緑化樹木供給可能量

緑化樹木供給可能量とは、当年秋から翌年春にかけて公共・民間の造園緑化工事に一定の商品規格に達した緑化樹木およびグラウンドカバープランツの出荷可能な在庫数量をいう。

 

供給可能量・調達難易度調査書CD-R

緑化樹木供給可能量は、昭和57年度より当センターと(一社)日本植木協会が連携し調査を実施しているもので、毎年度の結果は、右図のCD-Rに作成し、関係機関に配布しています。

樹種別供給可能量の数値はエクセルデータを参照してください(2021年度版)

※エクセルデータの転載には許可が必要です。

 

令和3(2021)年度供給可能量一覧表  3.2MB

 

令和3年度 調査結果の概要

  • 2021年度の供給可能量は3,990万本となり、対2020年度比(4,362万本)91.5%と3年続けて減少し、4千万本台を割り込んでいる。

  • 形態別内訳は、グラウンドカバープランツ(GCP)が最も多く全体のおおむね半数(46.4%)、次にコンテナ樹木がおよそ5分の1の22.3%、3番目に低木常緑樹が19.4%の順となり、コンテナ樹木シェアーの第2位は2017年度以降安定している。

  • 露地栽培物のシェアー31.3%に対し、コンテナ栽培物のシェアーは68.7%、ほぼ3対7を維持している。

  • 高中木本数の形態別内訳は、常緑広葉樹5、落葉広葉樹3、針葉樹2の割合を保っている 。

 

more PDFアイコン調査概要


 

 次へ 緑化樹木供給可能量の年度別樹種群別推移

このページのトップへ