HOME > 機関誌・技術図書 > グリーン・エージ

グリーン・エ−ジ


グリーン・エージは40年以上の歴史を有する「緑化に関する月刊総合情報誌」です。

 

・特集テーマにもとづき年12回発行
・テーマは地球環境問題、生物多様性、まちづくり、環境緑化、都市緑化、工場緑化、自然再生、
 松原(海岸林)再生、マツ枯れ防除、樹木管理、樹木医技術など
・各分野の第一人者による理論と、参考となる現場の実践事例を掲載し、最新の情報を提供

 

バックナンバー購入方法のご案内

 

グリーン・エージ最新号 2016年6月号

特集・最近のマツ枯れ対策を考える

 

全国の松くい虫被害量は、2014年度は約56万m³で2011年度以降やや減る傾向にあるものの、青森県でも2015年7月に深浦町広戸地区等で被害が発生し、北海道を除く全域に被害が及んでいます。
本号では、石川県の被害の特徴と対策、マツ材線虫病の感染経路、防除効果を確実にする発生予察システム、DNA診断技術の応用、大学と地域による松林保全など最近の対策について考えます。

 

表紙:マツ枯れ被害木と2基の炭やき窯(秋田県立大学)

グリーン・エージ最新号表紙

目次

 特集・最近のマツ枯れ対策を考える
今日の課題:最近のマツ枯れの傾向と対策を考える神戸大学大学院農学研究科 教授黒田慶子
マツノマダラカミキリが関与しない線虫感染経路千葉大学名誉教授本山直樹
マツ材線虫病の被害を受けた海岸林再生技術愛知県森林・林業技術センター 技師中島寛文
石川県における近年の松くい虫被害と取組石川県農林水産部森林管理課
ベールマン法とマツ材線虫病診断キットの応用と課題 NPO松くい虫®(特定非営利活動法人松くい虫研究センター) 理事長阿部 豊
「炭やきで夕日の松原まもり隊」のめざすもの秋田県立大学生物資源科学部 教授蒔田明史
特別記事・ナラ枯れ被害発生予測図による早期警戒システム山形県森林研究研修センター 研究主幹斉藤正一

 

 連載・記事

人と環境<14>

絶滅が危惧される房総のヒメコマツ保全の試み

千葉県立中央博物館 主任上席研究員尾崎煙雄

緑道<9>

鉄道敷地を利用した緑道

鳥取大学農学部 教授日置佳之

世界の植物園をめぐる<3>

ヨーロッパの植物園事情

日本緑化センター 企画広報部長瀧 邦夫

生きもの日誌<38>

フナ−フナに始まりフナに終わる−

和歌山県立自然博物館 学芸員揖 善継

草木に学ぶ里山の自然再生<71>

エンレイソウのなかま

日本緑化センター 主任研究員麻生 嘉

 記事内カラー写真

 本号記事で参照しているホームページの一覧

 2016年6月号にリンクする場合は下記のアドレスをご利用ください
  → http://www.jpgreen.or.jp/greenage/backno/201606.html

 

 連載履歴

 樹木が刻む悠久の時

 現代の松原人

今後の予定

7月号

特集・現代社会における樹木と人との関わりを考える

地域の生活・文化の中で樹木の存在は大きく、巨樹に対する崇拝を生み、年中行事の儀礼や日常生活の中で必須の役割を演じてきました。民間伝承を調べ、庶民の生活・文化の発展の歴史を研究する学問に民俗学などがあります。
本号では、民俗学的な視点を交え樹木の生活・文化における位置を確認するとともに、現代社会における樹木と人との関わりの意味を考えます。


8月号

特集・自然再生における市民参画

自然再生は、その対象が生きものであるがゆえに、目標の達成には多くの時間を有し、特に施工後の育成・維持に多くの時間が必要とされる場合もあります。

このことを前提とした場合、行政対応の管理には限界があり、市民参画には大きな役割があります。

本号では、自然再生における市民参画の役割の確認と共に、現状における市民参画の課題を確認します。


※内容は変更になることがあります



お問い合わせ・お申し込み

  • 価格  年間購読(12冊):9,600円(税込)送料無料 1冊:800円(税込)送料別86円

  • お問い合わせ (一財)日本緑化センター 書籍担当まで

  • TEL 03-3585-3561 FAX 03-3582-7714 パソコンからのお問い合わせはこちら

  • お申込み 以下のどちらかの方法でお申し込みください。

1.

Web_Book Shop(パソコン)から

申込書

22KB

54KB

2.

申込書に記入し、FAXまたはメール(メールアドレス)でお送りください。

    ・1冊からご注文いただけます
    ・年間購読は購読を開始する号を忘れずにご記入ください。バックナンバーからの開始も可能です

    ※申込書の印刷や記入が困難な場合は、下記1〜5を明記のうえ、FAX・メール等でお申し込みください
     1.購入希望号・冊数  2.氏名  3.ご住所(書籍の送付先)  4.お電話番号
     5.請求書等に記載する宛名

 

このページのトップへ