HOME > 機関誌・技術図書 > グリーン・エージ

グリーン・エ−ジ


グリーン・エージは40年以上の歴史を有する「緑化に関する月刊総合情報誌」です。

 

・特集テーマにもとづき年12回発行
・テーマは地球環境問題、生物多様性、まちづくり、環境緑化、都市緑化、工場緑化、自然再生、
 松原(海岸林)再生、マツ枯れ防除、樹木管理、樹木医技術など
・各分野の第一人者による理論と、参考となる現場の実践事例を掲載し、最新の情報を提供

 

バックナンバー購入方法のご案内

 

グリーン・エージ最新号 2016年11月号(11月15日発売)

特集・工場緑地の質を高める環境教育の役割を考える

 

企業の環境教育は、社員が事業を取り巻く環境問題を理解し、環境経営向上の基盤をつくるうえで重要です。一方、工場緑地は地域の小中学生の環境学習フィールドとして機能する大切な役割を担っています。
本号は、企業における環境教育の意義と課題、工場緑地の環境教育に発揮する役割を解説するとともに、第35回工場緑化推進全国大会の模様を紹介します 。

 

表紙:工場敷地内トンボ池での自然観察会

(写真提供:ライオンケミカル(株) オレオケミカル事業所)

グリーン・エージ最新号表紙

目次

 特集・工場緑地の質を高める環境教育の役割を考える
今日の課題・変化の時代における企業の環境教育 損害保険ジャパン日本興亜 (株) CSR室 シニア・アドバイザー 関 正雄
企業における環境教育の動向とその効果大妻女子大学 家政学部ライフデザイン学科 准教授 甲野 毅
工場緑化の展開と環境教育東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授 下村 彰男
工場緑地における生態学的自然再生・生物多様性保全群馬大学 社会情報学部 環境科学研究室 教授 石川 真一
第35回 工場緑化推進全国大会」開催・緑化優良工場等の緑化概要 日本緑化センター 企画広報部 
緑化優良工場の報告・進化し続ける工場緑化とCSRを目指して ダンロップスポーツ(株) 市島工場
緑化優良工場の報告・水と緑と建物の調和をコンセプトにした工場緑化 (株)アマダホールディングス

 

 連載・記事

宝くじ松植栽の現況 矢印『宝くじ松』配布事業

日本緑化センター 企画広報部長 瀧 邦夫

気比の松原100年構想の取組

福井森林管理署 森林技術指導官 河原 正二

緑道<13> 矢印連載履歴

オランダの国土生態系ネットワークと緑道網

鳥取大学農学部 教授 日置 佳之

生きもの日誌<41>  矢印連載履歴

カワゲラと河川環境

大阪市立自然史博物館 館長 谷田 一三

樹木の価値をつなぐ<19>

諸国緑化景観見聞録その9−英国の世界戦略と植物−

(株)日建設計 技術長 森山 明

草木に学ぶ里山の自然再生<76>  矢印連載履歴

アワコガネギク

日本緑化センター 主任研究員 麻生 嘉


 記事内カラー写真

 本号記事で参照しているホームページの一覧

 2016年11月号にリンクする場合は下記のアドレスをご利用ください
  → http://www.jpgreen.or.jp/greenage/backno/201611.html

 

 連載履歴

・アジアンランドスケープへの模索
・生きもの日誌
・草木に学ぶ里山の自然再生
・現代の松原人
・自然再生事例
・樹木が刻む悠久の時〜地元が選ぶ悠久の樹木100選〜
・樹木の価値をつなぐ
・世界の植物園をめぐる
・人と環境
・未知しるべ
・緑道 環境時代のグリーンインフラストラクチャー

今後の予定

12月号

特集・樹木医制度を展望する

わが国の樹木医制度は創設から2015年で25年を経過し、全国で樹木医認定者数は2,565名(2015年12月末)にのぼります。当センターでは社会の要請に的確に対応できる樹木医制度の充実を図るため、全国の樹木医等を対象とするアンケートを実施しました。

本号では、制度創設30年に向けた課題と対応について考えます。


1月号

特集・緑と教育について考える

緑は自然環境のなかでも重要な資源であり、私たちの生活にさまざまな恩恵を与えてくれます。

地球環境の保全や生物多様性の推進が一般化するとともに、教育界における持続可能な開発のための教育(ESD)などの関心が高まりつつある今日、改めて緑に対する教育の必要性とあり方について考えます。


※内容は変更になることがあります



お問い合わせ・お申し込み

  • 価格  年間購読(12冊):9,600円(税込)送料無料 1冊:800円(税込)送料別86円

  • お問い合わせ (一財)日本緑化センター 書籍担当まで

  • TEL 03-3585-3561 FAX 03-3582-7714 パソコンからのお問い合わせはこちら

  • お申込み 以下のどちらかの方法でお申し込みください。

1.

Web_Book Shop(パソコン)から

申込書

22KB

54KB

2.

申込書に記入し、FAXまたはメール(メールアドレス)でお送りください。

    ・1冊からご注文いただけます
    ・年間購読は購読を開始する号を忘れずにご記入ください。バックナンバーからの開始も可能です

    ※申込書の印刷や記入が困難な場合は、下記1〜5を明記のうえ、FAX・メール等でお申し込みください
     1.購入希望号・冊数  2.氏名  3.ご住所(書籍の送付先)  4.お電話番号
     5.請求書等に記載する宛名

 

このページのトップへ