グリーン・エ−ジ
もどるホーム
 
グリーン・エージ 2007年12月号 No.409号
テ−マ:期待される樹木医活動
樹木医制度は今年で17年目を迎え、認定された樹木医は1,608人となりました。樹木医たちの勤務先や仕事の内容は多岐にわたり、各々の樹木医としての目的意識も多様化しています。こうした中で、樹木医たちは今何を考え、どのような将来像を描いているのか。樹木医が描く「私の樹木医像」を特集します。
また、平成19年度に新たに認定された「樹木医」「松保護士」についてもお伝えします
 
12月号表紙:平成19年度樹木医研修
目次
 
今日の課題
  樹木医に期待 森林総合研究所森林微生物研究領域長
日本樹木医学会会長  阿部 恭久
特集
スペース 1)環境教育と樹木医活動 第6期樹木医 石井 誠治
  2)街路緑化と樹木医の役割 第12期樹木医 田中 育穂
  3)緑行政に樹木医の知識・技術を活かす 第5期樹木医 石井 愼一
  4)フラワーパークの園づくりと共に あしかがフラワーパーク園長・環境緑化研究所代表取締役
第2期樹木医 塚本 こなみ
  5)桜を守る樹木医活動 (財)日本花の会・第10期樹木医 和田 博幸
  6)樹の語り部 第10期樹木医 松田 輝雄
  7)人工土壌の技術開発を通じて 東邦レオ(株)・第1期樹木医 木田 幸男
  8)都市における樹木医の役割 第9期樹木医 美濃又 哲男
  9)国営公園の維持管理に取組んで 公園緑地管理財団・第11期樹木医 助川 靖
  10)県緑化センターの運営にかかわって 広島県緑化センター・第16期樹木医 小田 芳生
  11)吊し伐りと樹木医活動 第14期樹木医 釜淵 一知
  12)樹木保全の普及活動 第12期樹木医 相川 美絵子
  13)樹木医補の養成に取組む 鳥取大学農学部附属フィールドサイエンスセンター
第14期樹木医 日置 佳之
  14)行政における樹木医の役割 山口県萩市・第7期樹木医 草野 隆司
連載・記事
  1)「わらだやしき自然教室」の自然通信<4> わらだやしき自然教室代表 姉崎 一馬
  2)随想・花によせる心−南半球の植物 花芸安達流二代主宰 安達 曈子
  3)海外の緑化事情
アルゼンチンとアメリカ東海岸に共通する緑
西田正徳・ランドスケープ・デザイン・アトリエ
(N.L.D.A)西田 正徳
  4)平成19年度樹木医合格、認定者決まる  
  5)平成19年度「松保護士」認定  
  6)グリーンネットワーク他