HOME > 工場緑化推進 > 平成20年度の受賞工場 > SRIスポーツ株式会社

工場緑化推進

SRIスポーツ株式会社 市島工場

工場所在地 〒669-4323 緑地等の種別面積割合
<緑地等の総面積123,681m2
緑地等の種別面積割合
自然型樹群樹林自然型樹群・樹林 整形型樹群・樹林整形型樹群・樹林
地被植物地被植物 花壇花壇 緑地以外の環境施設緑地以外の環境施設
兵庫県丹波市市島町梶原5番地
電話 0795(85)3000
主たる業種名
(主要製品名)
ゴム製品製造業(ゴルフボール)
SRIスポーツ株式会社市島工場
ホームページ:http://www.sri-sports.co.jp

<緑化の概要>
  • ISO14001認証取得。

ゴルフボール開発・製造工程において、1998年5月に認証を取得しました。現在も「中期環境行動計画」として下記項目を掲げています。

環境スローガン「みんなのちからで地球の未来を守ろう」

1)省資源の活動推進・・・重油・電力・仕損比率減少・包装材料簡素化等

2)完全ゼロエミッションの継続・・・産業廃棄物削減・リサイクル推進等

3)環境汚染防止の活動推進・・・CO2・有機溶剤排出量削減等

 

  • 環境省より「揮発性有機化合物(VOC)対策功労者特別表彰並びに大気環境保全活動功労表彰」を受賞。

1997年以降、塗料の改良・塗装前の処理方法等の細やかな改善に取り組み、2004年以降、2000年比60%削減の実現を評価されました。

 

  • 緑化活動について

1)苗木・樹木は購入せずに種・挿し木・実生の苗から育成。

2)従業員のみで活動(外部業者を活用しない)。

3)構内に毎年最低1本/人を植樹。2001〜2007年までの構内植樹実績1万本を達成。

4)育成した苗木を公共事業へ寄贈。兵庫県立丹波並木道中央公園に800本のカシ類を寄贈(2007年秋)

5)土手法面の雑草駆除作業の低減。法面一面に芝桜を植栽することで雑草防除。

 

クリの実
種をポットに植え付け
苗木の完成
苗木・樹木は購入せずに種・挿し木・実生の苗から育成
構内植樹実績1万本突破記念植樹 土手法面への植樹 植樹後の垣根づくり
土手法面への植樹 植樹後の垣根づくり
ゴルフテストコース管理 正門前桜並木
構内植樹実績1万本突破記念植樹 ゴルフテストコース管理 正門前桜並木

 

  • 梶原遺跡の保護。工場造成に伴い、旧石器時代からの遺跡を調査依頼、発掘調査報告書を製作。
  • 地域との交流及び社会貢献活動について

1)丹波市・三ツ塚マラソンへの協賛と参加(パンジー苗のプランター作り)

2)老人ホームへのボランティア活動

3)ゴルフテストコースを開放し、レッスンプロによる無料レッスン会(年1回)

4)カブトムシ幼虫を採取し、成虫に育成後、地元認定こども園に寄贈

5)地域クリーンアップ活動

6)工場敷地法面の芝桜花壇整備(花文字)

 

1)三ッ塚マラソン大会にて沿道を飾るパンジー苗のプランター作り 老人ホームでのボランティア活動 3)地域ゴルフレッスン会
三ッ塚マラソン大会にて沿道を飾る
パンジー苗のプランター作り
老人ホームでのボランティア活動
(車椅子のお手入れ)
地域ゴルフレッスン会
敷地内で成育したカブトムシを地元認定こども園に寄贈 5)地域クリーンアップ活動 6)当社ブランド「SRIXON(スリクソン)」芝桜による花文字
敷地内で成育したカブトムシを
地元認定こども園に寄贈
地域クリーンアップ活動
(工場前県道の清掃)
当社ブランド「SRIXON(スリクソン)」
芝桜による花文字


<敷地概要>
航空写真 厚生棟前緑地
全体 厚生棟前緑地

<当社の緑化推進活動について>

市島工場は、住友ゴムグループの緑化基地としてグループの環境保全活動に貢献するため、2000年より苗木の育成に着手し、各事業所へ苗木を発送するための活動と、緑と樹木に囲まれた工場・ゴルフ科学センターづくりの整備を進めています。2000年から2008年までの苗木・苗・種・挿し木の植樹数は22,930本におよびます。また県道に面した斜面を利用して、芝桜を使った文字植栽を実施し、花の季節には地域の方の目を楽しませています。このような「従業員全員参加の緑化活動」や「自然との共生と地域貢献」の功績が認められ、経済産業省他関係各省が支援する「第27回工場緑化推進全国大会プログラム」において、2008年(財)日本緑化センター会長表彰を受賞しました。

<環境保全活動>

SRIスポーツは、地球環境の保全は国際社会が共同で取り組むべき全人類の課題であり、持続可能で環境負荷の少ない経済社会を構築していくことが重要であると位置づけています。その認識のもと、当社が自然環境と密接な関係にあるスポーツ関連企業であることを踏まえ、社会に信頼される企業の基本的な責務として、全ての事業活動と企業市民としての生活を通して、総合的に地球環境の保全に取り組んでいます。

 

当社の市島工場(兵庫県丹波市)では、日常業務における環境保全活動を確実なものにするため、1998年にISO14001環境マネジメントシステムの認証を取得し、維持管理を推進しています。

 

SRIスポーツでは、2005年6月、市島工場において、埋立廃棄物を完全に無くした「完全ゼロエミッション」を達成しました。


<ゼロエミッション達成への足取り>

  • 1998年5月: 市島工場がISO14001を取得
  • 1999年10月: ゼロエミッション推進チーム立ち上げ。
  • 廃棄物発生量の削減と廃棄物リサイクルに取り組む
  • 2001年12月: ゼロエミッション達成。これにともない焼却炉を撤去
  • 2005年6月: 完全ゼロエミッションを達成

市島工場では、ゴルフボールの塗装などに使われる揮発性有機化合物(VOC)を減らす取り組みを推進しています。これまでにさまざまな改善を重ね、現在はVOCの排出量を2000年比60%削減に成功し、2007年12月3日、環境省からVOC対策功労者、大気環境保全活動功労者として表彰されました。

 

地球温暖化を防ぐため、政府が提唱している「1人1日1kgのCO2削減運動」に取り組み、社員に参加を呼びかけています。2007年12月現在、当社グループ全体で約390名の社員がこの運動へ参加し、「チャレンジ宣言」をしています。

<全国の工場緑化担当者の皆様へ>

工場の立地条件に合った緑化活動を進めていかなければ、地域との共生が保たれません。又、緑化活動は長期的な構想を画いて構内の植樹を進め、花壇の位置も調和の取れた配置にする事です。

 

私たちの工場緑化は、予算をあまり掛けない緑化活動をしています。例えば、長期計画に則って種を拾って種植え、必要な植木の挿し木と実生の苗を育て植樹をします。これらは、3年サイクルで回しています。(種植え→苗木→植樹)

 

種から苗木まで育てて行くのに色々な難関があります。一粒一粒の種を自分の子供と思い愛情を込めて育ててやる事です。草・花・木は全て生命が宿っています、生かすも殺すも主役は貴方です。

 

種から育てて大きくなった樹木を、見上げる事の喜びを味わってみようじゃありませんか。

このページのトップへ