HOME > 工場緑化推進 > 平成20年度の受賞工場 > 中村留精密工業株式会社

工場緑化推進

中村留精密工業株式会社

中村留精密工業株式会社
写真1 鶴来街道に面した桜並木
ホームページ:http://www.nakamura-tome.co.jp
工場所在地 〒920-2195
石川県白山市熱野町口15番地
電話 076(273)8005
主たる業種名
(主要製品名)
工作機械製造業
(NC複合加工機)
緑地等の種別面積割合 <緑地等の総面積32,502m2
緑地等の種別面積割合
自然型樹群樹林自然型樹群・樹林 整形型樹群・樹林整形型樹群・樹林
単木・列状植栽地単木・列状植栽地  地被植物地被植物 緑地以外の環境施設緑地以外の環境施設

<緑化の概要>

当社は、創立以来“優れた製品は優れた環境から”をモットーに生産活動を行って参りました。とくに、現在の地(白山市)に移転後は、周辺の環境に合わせ緑化に配慮した工場をめざしており、平成10年には環境ISO14001の認証取得をしています。

 

  • 当社の正門前の鶴来街道側には植樹したサクラ並木があり、シーズン中はライトアップし、地域や一般の方に開放し楽しんで頂いています。(写真1)
  • 構内には、パットゴルフ場があり従業員は勿論、地域の方にも利用して頂くと共に、構内の緑化にも大きく貢献しています。(写真2)
  • ESCO事業により、コンプレッサーのインバータ化、省エネ照明の採用を進め、平成19年中部省エネルギー優良工場に選ばれました。
  • 昭和38年当時廃校となった小学校校庭にあるマツの大木を伐るに忍びなく、構内に移植し「飛翔の松」と命名し大切に保存しています。(写真3)
  • 昭和58年5月21日、昭和天皇が鶴来町で開催された植樹祭に来県された際、当社に行幸頂きました。その記念植樹と共に「行幸庭園」を作りました。(写真4)
  • 平成10年、当社創立50周年を記念し、全社員が構内に記念植樹を行い「長寿の森」と名づけました。(写真5)
  • その他、「白嶺農園」「花壇コンクール」等、多くの緑のイベントを年間を通して企画・実施しています。(写真6)

 

緑化のようす 緑化のようす 緑化のようす
写真2 写真3 写真4
長寿の森 個人管理の花壇 緑化のようす
写真5 写真6 パットゴルフ場から見た本社ビル

<敷地平面図>
敷地平面図

<当社の緑化推進活動について>

当社は、昭和38年に金沢市から現在の地に工場移転し、その際に街道沿いに植えたサクラが大きく成長し鶴来街道の名所になっています。この時点から敷地内の木々はすべて人の手によって植えられてきました。

50年後の森作りを目指して植樹された「長寿の森」には、冬場には落葉の下で昆虫たちが暖をとり、夏から秋にかけては木に実がなって鳥たちがたくさんやって来るようにと、ケヤキ、ブナ、トチノキ、ヤマボウシ、ヤマザクラといった落葉広葉樹5種約300本が植えられました。白山麓の里山を背景に、自然との共生を目指した環境づくりを行っています。また、社員に対しては構内にある「白嶺農園」で毎年春と秋にジャガイモや大根の収穫コンテストを行ったり、「花壇コンクール」を通して、自然や環境へのモチベーション向上につながるものと考えています。

<今後の取り組み>

今日、地球温暖化防止・自然との共生など持続可能な社会を目指した取り組みが求められています。また、国際的な視野をも踏まえて、総合的な環境緑化の推進に務めるとともに環境に配慮した生産活動によって地域社会に貢献し、環境にやさしい製品を世界に送り出してまいります。

晴れた日には、敷地内から霊峰白山を眺めることができ、この豊かな、環境を損なわないように工場の緑化に取り組んでまいります。

<環境に関する主な取り組み>
  • 環境に配慮した工作機械の開発を進めています。
  • 塗装工場では、完全無排水・無臭工場を実践しています。
  • シュレッダ紙を梱包材として再利用することで、木材の使用、削減による森林保護に寄与しています。
  • 毎年、6月には全社員による工場周辺も含めた除草、9月には構内側溝の泥上げを行っています。
  • 長寿の森内に住むキジなどの鳥達のために、一部を除草せずに残しています。
<全国の工場緑化担当者の皆様へ>

中村留精密工業株式会社は、平成20年度工場緑化全国大会において会長賞を受賞させて頂きました。今後とも工場緑化はもとより、省エネ活動などあらゆる環境問題に取り組んでまいります。全国の工場緑化関係者の皆様と情報を共有し、共に緑化推進に努力してまいりましょう。

このページのトップへ